<output id="lb1th"><big id="lb1th"><p id="lb1th"></p></big></output>

<mark id="lb1th"><listing id="lb1th"><em id="lb1th"></em></listing></mark>

      [2015-08-13 17:59:59] サーミスタが空気における簡単なテスト方法(一)
      一、目的
      専用NTCサーミスタテスト計器、メーターと測量治具のない状況において、またNTCサーミスタに対して測量を行う必要がある時に、本方法は一つの簡単なテスト方法を提供した。専門レベルの精度に達しないが、サーミスタの抵抗値と精度を大よそに測量することができる。
      二、測量治具及び材料
      1.四位半万能メーター:二つ
      2.試験治具:一つ
      3.±0.1℃測温装置:一つ
      4.ステンレスみのむ:一ペア
      三、測量方法とステップ
      1.まずエアコンで一つの部屋の温度を25±0.1℃に制御させる。
      2.測温装置を部屋に置き、室内の温度を監視する。
      3.みのむしをそれぞれに万能メーターのテスト端子に接続する。
      4.一つの標準サーミスタの二つの導線端子をみのむしに接続させ、万能メーターのもうひとつの端子を万能メーターに挿しいれて、万能メーターを起動させ、それを抵抗器測量の適当なレンジに引き、この時、万能メーターがその室温のサーミスタの抵抗値が顕示される。(注:標準抵抗値の精度が±0.1%以内で、B値精度が±1%である)
      5.みのむしを測温装置の近くに置き、この万能メーターが室内温度の変化を監視するために用いられる。
      6.オイル温度を監視する万能メーターには相対的に安定な数値が顕示される時に、即ちオイル温度が相対的に安定であることが表明され、その時に、オイル内の恒温の抵抗器をテストすることに用いられる。みのむしがサーミスタの抵抗値と精度及びテストされようとするサーミスタの抵抗値の精度と同じ時に、対比測量を行うことができる。
      7.テストしようとするサーミスタが室温にテストした標準な抵抗値である±5%の範囲によって合格的製品であるかどうかを判断する。
      四、注意事項:
        1.室内温度の変化を25±1℃範囲に制御すべきである。(測量する時に、必ずドアと窓を閉めてください??諝萘鲃婴驕p少させ、室内の人員の進出及び歩き回るを避ける)
      2.恒温が制御の精度に達さない時に、同じな抵抗値精度のサーミスタでオイル温度監視の抵抗器として対比測量を行う。
      3.二つの万能メーターが測量される前に、正しく検証すべきで、少なくとも二つメーターの一致性の検証を行う。
      4.テストしようとするサーミスタが室内温度の恒温において、30分間より小さくさせてはいけない。テストしようとする製品が通電され、使用された後、12時間置いてから再びテストを行う。
      5.測量の精確を保証するために、測温装置、監視用のサーミスタ、テストしようとする抵抗器が同じな位置に置かれるべきである。
      6.サーミスタをテストする時に、人の体温に測量の誤差をもたらさないように、操作人員の手ができるだけサーミスタと一定の距離を保持すべきである。                                 
                                                                                                      
      深圳市科蓬達科技発展有限公司
      技術工程部門
      2007.09.08
       
       
      お問い合わせ:深圳市科蓬達電子有限公司
      Copyright Ninebot Inc. 深圳市科蓬達電子有限公司版权所有 2012-2014 粤ICP备10076225号-1   技术支持:方维网络  
      人妻无码AV中文系列久久软件_免费看黄的软件永久免费_55大东北熟女HD_秋霞2019理论2018年成片